福岡には医学部に特化した予備校がどれくらいあるか

予備校にも色々あり、医学部や美大への合格のための予備校、今のレベルよりも高い大学を目指すための進学予備校、公務員試験や弁護士資格を取得するための予備校など、さまざまです。福岡は都心であり、多くの大学があるため、予備校も色々な種類があります。医学部への予備校も10校程度存在します。進学予備校の中で別枠として存在するものや、独立して存在する学校とさまざまな形があります。教えてくれる形もさまざまあり、家庭教師のように個別で教えてくれる学校や、授業形式の学校、寮に入って勉強に集中できる、通常授業だけでなく映像授業でわからないところをカバーできるなど、本当に様々な形があります。授業料が心配な方も、特待生制度を使うことができる予備校もあるので、自分に合う学校を探すことができます。

福岡の医学部予備校は実際に見学して決めたい

福岡で医学部に特化した予備校を探すのは、ネットで簡単に探すことができます。しかし自分に合う学校なのかどうかは、また別の問題です。高校3年生の受験時期ギリギリに突然医大に入りたいと思い立って、予備校に入る方は、ほぼいないと思います。高校2年生、早い方は中学生の頃から決心して勉強をしていると思います。そこでぜひ見学会や相談会に参加してほしいのです。授業形態や場所も大切なことですが、先生という存在は非常に重要になります。箱が良くても中身の問題ということです。どの予備校も経験や知識のある先生を揃えており、講師としてのマニュアルも存在するとは思いますが、教えるという行為は、非常に高等な技術なのです。また相性もあります。中学、高校の学校の授業で、得意不得意の科目はあると思いますが、この先生の授業はわかりにくいと思う先生に一人くらい出会ったことはあると思います。先生を見るというのは重要なことです。

福岡の医学部予備校は合格率と勉強以外の部分も気にしたい

福岡の医学部でも工学部でも予備校には、必ず前年度の合格者や合格率が発表されています。レベルの高い大学の合格者がいれば必ず発表しています。その数字をよく見てほしいのは、一次試験合格なのか、筆記や面接などオールクリアでの合格なのか、何名の受講者いたのかなど、パーセントでは分かりづらい点もあるので注意が必要です。小論文や面接はおまけと思っている方はいないとは思いますが、ここもカバーしてくれている予備校は大変助かります。面接も小論文もテクニックと慣れが必要です。時間内に文章を書くというのは、意外と文章を書くことが得意なかたでも難しいものです。面接も何度も練習することで、どんなに緊張しても聞かれた質問に対して対応する能力が上がります。素の自分を見てほしいから練習はしない、緊張しないから練習はしない、というのは実は実力が出し切れない事の方が多いので軽視はできないのです。