医学部 予備校 福岡

福岡にある医学部に強い予備校の特徴とは

福岡エリアには難関校といわれる医学部や医科大学が点在し集まっています。まず私立の久留米大学、福岡大学、産業医科大学の3校。そして国立の九州大学。全部で4校あります。医科大学が4校あるのは全国で愛知県と同じく第3位で、さらに熊本や長崎の医科大学を目指す学際が受験することで県内外から医師を目指す学生が多く受験します。その中で、合格率を上げる為に予備校選びは大事です。いざ予備校に通ってみると、勉強したい科目に力をあまり入れず文系や関係ない科目の講座を受けてしまうことになりかねません。費用もかかるし、限られた時間を有効に活用するためにもしっかりと下調べをして、どんな予備校なのか確認しましょう。そこで医学部に特化している予備校の探すコツを書いていきます。ここでは大きく2つに分けて紹介します。

資料請求をして特色を確認しましょう。

まず初めに福岡にある予備校の資料請求をしましょう。どのようなカリキュラムを組んでいるのか、医学部を受験する学生をメインにしているかの判断することに役立ちます。一般の大学受験とは違いが大きく特殊です。英語一つとっても、医学用語をメインに学習することができるかでも大きく違ってきます。主に一般的な大手予備校は、特に医学部受験に特化している場合は少ないので医学部専門予備校に通うことがいいでしょう。次に見るポイントは推薦対策の授業等が充実しているかです。現役生で受験する場合、多くの受験生が推薦を意識しています。面接対硫黄や論文の添削授業等で、同じ推薦で競う学生に遅れをとらない為にもこのような対策が充実しているかが重要です。また現役生だけでは面接等の対策はできません。推薦対策の内容を確認することでその予備校の医学部受験の質の高さが分かるので、現役生は特に気を付けましょう。

実際に説明会に行ってみましょう。

資料を確認することも大事ですが、実際に授業風景や予備校の雰囲気はどうなのか確認しましょう。そこで興味を持った予備校の説明会に行ってみましょう。ここで気を付けて見るポイントは体験授業です。実際に体験授業を受けることで、理解のしやすさや講師との相性が自分に合うかよく確認しましょう。次に親御さんが同伴していくことを強くおすすめします。授業体験以外のカリキュラム説明等の際や質疑応答の際のスタッフの対応が丁寧に答えているのかしっかり見ましょう。生徒面談や保護者面談の質や時間をかけてもらえるのかも判断していきましょう。医学部は特殊で一般大学と比べ合格後にも費用がかかります。受験自体が難しく、こんな不安の中でどれだけ親身に付き合ってもらえるのか、一生に一度のことなのできちんの仕組みを理解して親身になってくれる先生かを見極めましょう。これらのポイントをふまえて福岡での予備校を探しましょう。

富士学院では科目ごとに同じレベルの学力でクラス編成を行っています。 富士学院では過去のデータから独自に作成したオリジナル教材を使用しています。 少人数制授業なので生徒一人ひとりの現状把握が可能です。 医学部を目指す方へ向けた期間限定の特別講習も行っています。 富士学院では保護者との連携を大切にし、年2回三者面談があります。 富士学院では勉強の気分転換の為のリフレッシュタイムを設けています。 医学部の予備校を福岡でお探しなら実績多数の富士学院